前年度会長挨拶

20162017 年度 クラブ会長方針

会長 柳田 秀男

HideoYanagida1

 

還暦を祝い・新たな一歩を      

2016-2017年度 ジョン・F・ジャームRI会長は、「ROTARY SERVING HUMANITY(人類に奉仕するロータリー)」をテーマに掲げました。

 111年前ポール・ハリスが提唱した、友情を基礎として奉仕をモットーとした原点に帰り、人類への奉仕はロータリーの礎であり、存在理由であるとしています。
 これを受け、国際ロータリー第2840地区では「点から面へさらに世界へ」広げよう〈友情と奉仕の〉和・輪のスローガンの基、10項目の地区目標を掲げています。
 私達太田ロータリークラブはこれらを理解し、その達成に向け、精一杯の協力を致します。この事が地区から国へ、そして人類への奉仕に役立つと考えるからです。
  さて、本年度 太田ロータリークラブは創立60周年を迎えます。人間に例えれば暦を一巡り、還暦です。
60年間にクラブ先輩諸兄が営々と築き上げてこられた歴史を振り返り、大いに讃え、会員皆様でお祝いをしたいと思います。
そして、75周年、100周年に向けて、新たな一歩を踏み出す準備をしましょう。
  ロータリークラブの定款も様々に変わり、活動も変化すると思いますが、太田クラブはその伝統を踏まえ、本質を受け継ぎ、ロータリーで培った友情を基に、会員皆様と共に努力を続けたいと思います。
地域に、国家に、人類に奉仕出来る喜びを感じられますように!

 

重点目標(クラブ目標)

1.太田ロータリークラブ創立60周年を盛大にお祝いする。

2.地区目標達成を目指す。

会員増強        :純増6名以上

ロータリー財団への寄付:会員1人当たり 150ドル以上

ポリオプラスへの寄付 :会員1人当たり  30ドル以上

米山記念奨学会への寄付:会員1人当たり 16,000円以上