会長ブログ 7月12日例会挨拶から

皆さんこんにちは。
今日もよろしくお願いいたします。

さて、前回は、ロータリークラブはクラブが奉仕活動をするのではなく、社会のお役に立てることをしようと志す人たちが集まっているのがロータリークラブだと、申し上げました。

そしてロータリーはすべて親睦から始まると言うお話を、今日はさせていただきます。

親睦から始まるというのは、親睦の本質がコミュニケーションだからです。

仲良くなって意思疎通を図る中で、今まで知らなかったこと、気づかなかったことがこうなのかと気づく。教わる。

これがコミュニケーションの本質だと思います。ですから、何かお役に立とうと思っていても、何ができるのかについては、このコミュニケーションの中から気づきが生まれてくるということがあるんだと、私は思います。ですから、親睦から始まるというのは、このコミュニケーションからの気づきが大切なことになってくるんだと、私は考えております。決して難しく考えることはないと、思います。

楽しくコミュニケーションをとる中で、親睦を深める中で、志は社会のお役に立とうで一致しているわけですから、きっと新しい何か、今の時代に合った奉仕が出来てくるということだろうと思っております。

今日はロータリーがなぜ親睦から始まるのかについての私なりの考えをご披露させていただきました。これについてもまた皆さんからざっくばらんなご意見を伺えたらありがたいなと思っております。よろしくお願いいたします。 

2018-19年度会長 橋本

 

大塩年度まとめ

2017-18年大塩会長年度のスライドをまとめました。
前編

後編

 

日韓親善

テジョン地区大会

 

2018-19年度 新しいロータリー年度が始動しました。

今年は7月に入る前にここ群馬県太田市は梅雨が明けてしまいました。
今年の夏は本当に!暑いに夏になるようです。

太田ロータリークラブも夏に負けないように熱いクラブになっていきます

今年度も宜しお願いします。

太田ロータリークラブHPも新年度と共に新しい情報を発信してまいります。

管理人